賃貸と法人での契約

複数の人

法人契約の特徴

会社などによっては、社員寮を提供していたり、賃貸物件を斡旋しているケースがある。社員にとってはこれらを活用することで賃料を抑えられたり、会社の指定物件に住むことで家賃手当が受けられるなどの利点がある。企業が賃貸物件を用意する際には、不動産会社や賃貸物件のオーナーと賃貸法人契約を結び社員に提供することとなる。賃貸法人契約では、個人で賃貸物件を契約する際と異なる点がある。個人で賃貸契約を結ぶ場合には、賃貸物件に入居する個人の情報で契約を結ぶことになる。しかし、賃貸法人契約では会社名で契約を行うことになる。その為、入居時に問題が生じた場合には、契約を結んでいる会社側の責任にて処理する必要性が出る。また、賃貸物件審査においては、個人では保証人を用意してもらうことで家賃滞納時などの補償としていることが多い。その為、これらの保証人がいるかどうかや、個人の収入状況などを見て契約するか否か判断されることになる。しかし、賃貸法人契約においては、通常は家賃滞納などのリスクが低くなるため、比較的スムーズに契約してもらえることが多い。但し、個人で契約することと同じように、その会社の信用度などを調査されたうえで契約が締結されることになる。その為、会社の業績や社会的な信頼度などを判断したうえで契約するかが決められることになる。賃貸法人契約で社員に部屋を提供することで、福利厚生充実度をアピールできるなど企業においてもメリットが大きい。