ワンフロア貸し物件の魅力

男性

便利なオフィスの探し方

複数のフロアに会社事務所が分散している場合には、社員が階段やエレベーターで頻繁に移動する必要があるので、仕事が非効率になる傾向が顕著です。しかしワンフロアが使える賃貸事務所に引っ越すと、社員の作業能率が大幅に向上するので、企業の利益も増やせるでしょう。ワンフロアを一つのテナントが独占できる賃貸事務所を大阪市内で探す場合には、物件ラインナップが豊富な不動産会社を活用するべきです。自社ビルを大阪市内各地に持っている不動産会社や、様々なオーナーから管理を委託されている仲介業者に相談するのが、スムーズに移転先を見つけるコツです。小規模なビルに引っ越すと、部署別に複数のフロアを活用する必要があるために、できるだけ大きな建物に移転するのが理想的です。とりわけ大阪市中心部には大手デベロッパーが開発したオフィスビルが多いので、使いやすい賃貸事務所探しもスムーズに行えるでしょう。社員数が100名前後の企業に適しているのは、ワンフロアの面積が300平米以上の賃貸事務所であり、内装の自由度が高いスケルトン物件も好評です。そしてワンフロア貸しが可能な物件の中でも、特に人気が高まっているのは、大阪市中心部にある一階部分の賃貸事務所です。視認性に優れているのが一階部分の賃貸事務所の魅力であり、新規取引先の開拓や消費者向けの情報発信に積極的な企業に最適です。確かに一階部分の坪当たりの賃料は2万円を超えますが、高い宣伝効果が期待できるために、入居を希望する企業数は多いです。